協力隊になる前に!

最終更新: 2020年11月25日


2009年より始まった地域おこし協力隊制度。

現在では全国で活動している協力隊は6,000人とも言われている中で、 募集内容の把握不足や募集自治体との意思疎通不足などによるミスマッチが原因で途中退職も増えています。

(1年目で辞める人は25%にもおよぶとの統計も!)


そこで!

自治体と新規隊員とのミスマッチを防ぐため、これから協力隊を目指す移住希望者を対象としたオンラインセミナー「協力隊なる前セミナー」が開催中です!

現在、「導入編」と第1回の配信を終え、そのアーカイヴ動画も公開中です。


導入編では、

「どうやったら協力隊になれるの?」「お金の仕組みはどうなってるの?」

といった、協力隊制度に関する基礎的なお話から始まり、


・雇用形態のお話

・兼業・副業の可否について

・給与待遇面

・活動費について

・わが身を助ける心構えについて


などなど、

着任後の活動に大きく関わる内容まで

幅広く、そして分かりやすく説明してくれています。


「自分の人生を大きく左右する決断だからこそ、事前にきちんと知ってもらいたい。

そして、その先でしっかりと地域と繋がって欲しい。」


そんな自治体職員と協力隊アドバイザーの強い想い溢れるセミナーとなっていますので、

松野町に限らず、今後協力隊を検討する方は是非おススメです。


【過去2回分のアーカイブ動画】



  「なる前セミナー ~導入編~」


「なる前セミナー 第一回」



【今後の配信予定】


◆日時

2020年12月2日(水曜日) 12:10~


◆参加方法

特設サイトのメインステージ欄にてリアルタイム視聴が可能です。


◆参加費

無料